初詣

◆安産の神様
莵橋神社には安産の神様がおまつりされています。南加賀地区はもとより、石川県内・県外から多くの方がお参りにみえています。

◆安産祈願・腹帯のお祓いとは
古来より、妊娠5ヶ月の戌の日に腹帯をしめ、安産を祈る風習があります。戌の日を選ぶのは、お産が軽い犬にあやかってのことでしょう。

当社でも戌の日に、腹帯のお祓いを受け、安産を祈願し、腹帯をしめるかたが多いようです。

戌の日は一月に2〜3日しかありません。都合により戌の日に本人が参拝できないため、代理の方が参拝されているケースもあります。

本人が遠方にいるため参拝できないケースはべつにして、本来ならば本人(妊婦さん)がお腹の中の赤ちゃんとともに参拝し、お祓いを受け、祈願するべきです。参拝する日は、戌の日にこだわらなくてもよいでしょう。都合の良い日に参拝し、お祓いを受けた腹帯を戌の日からしめてもいいのです。できればご夫婦で一緒に、さらにはご家族も一緒にお参りして、母子ともに健康で出産できるようお祈りください。

■ご祈願(お祓い)受付について
毎日随時お受けいたします(できるだけ事前にご予約下さい)。
莵橋神社拝殿での御祈願は、午前9から午後5時まで 
上記の以外のお時間をご希望の場合は、必ず事前にご連絡ください。
当日は境内に隣接する諏訪会館のフロントまでお越し下さい。
(七五三シーズンは神社前の仮設受付までお越し下さい)
ご祈願(お祓い)は約15分間隔で行っております。
(結婚式斎行中はお祓いができませんので30分強お待ちいただくことがあります)
お急ぎの方は念のため事前にご確認(ご予約)の上、お越し下さい。

■玉串料(お祓い料)は5000円よりお志をお納め下さい。

■安産祈願の方は腹帯(ガードル)をご持参ください。当神社では腹帯等は頒布しておりません。